野菜マルシェ

旬の美味しい野菜の選び方や保存方法、そして旬の野菜を美味しく食べる方法などを紹介

人参の保存方法や選び方のコツ!人参の栄養と効能は何?

   

ninjin1

新鮮でおいしい人参(ニンジン)の見分け方と保存方法!

人参は昔からその栄養価の高さを評価されてきただけではなく、美しい橙色から料理の彩としても重宝されてきました。

しかし一方で、子供にとっては独特の味を少し苦手と感じる子も多く、細かく刻んで人参の存在を消して料理に混ぜるといった苦労をされているお母さんも多いと思います。

ですが、最近の人参は品種改良のおかげで甘みが強く子供にも食べやすい人参が増えています。

とは言え、大人でも以外に好き嫌いの分かれる人参ですが、詳しく知るときっと積極的に食べたくなる野菜だと思います。

 


Sponsored Link


新鮮な人参の選び方(見分け方)や人参の美味しい時期は?

ninjin2

人参はスーパーに行くといつでも売られているとてもメジャーな野菜ですが、旬はです。

寒くなると人参の糖度が増すので、冬の人参は生のまま食べてもとても美味しいものです。

また、最近ではスーパーで売られている人参でも鮮度を保つために土がついたまま売られている場合もありますが、大半は綺麗に水洗いされたものが陳列していると思います。

新鮮な人参は表面があまりでこぼことしておらず、触ると滑らかです。

でこぼこがより少ない方が甘みも強いとされますので、是非参考にして下さい。

加えて葉を切り落とした切り口が黒いほど、古い証拠です。

なるべく緑色に近いものを選びましょう。


Sponsored Link


 

人参を新鮮に保つ長期保存方法

 

人参は水分に弱い野菜なので、湿度があるとすぐに鮮度が落ちてしまいます。

夏であれば冷蔵庫に、冬は水分を寄せつけないために新聞紙に巻いて冷暗所にて保管しましょう。

また、人参は冷凍保存が可能な野菜です。

特売の時にまとめ買いをして、いちょう切りや乱切り、薄切りなど用途別に袋に入れて冷凍庫で保管しておくと、すぐに使えてとても便利です。

 

人参の栄養成分とその働き(効能)は?

ninjin3

人参はβカロテンの含有量が野菜の中でもトップクラスです。

βカロテンという名前の由来自体が、人参の鮮やかな橙色の元となるカロテノイドからつけられたという理由からも、いかに人参にβカロテンが豊富に含まれているか伺えます。

βカロテンは抗酸化作用に優れ、活性酸素の働きを抑制したり発がん性物質の増殖を抑えるなど、人にとってとても有益な働きを行います。

またβカロテンは体内に取り込まれると必要量がビタミンAへと変換される成分であるため、皮膚や髪の成長を促進したり、疲れ目や視力の低下を防ぐ、風邪の予防に役立つなど、様々な効能を発揮します。

 

人参のまとめ

「人参も残さず食べなさい」子供時代を経験した方なら、誰もが一度くらいは母親にこう言われた事があると思います。

世の中の母親の全てが、人参にこのような科学的に証明された効能があると知っていたかどうかはわかりませんが、昔から「体によい」とされてきた食べ物には、やはり意味があるのです。

人参嫌いの子供の多くは実は「人参は美味しくない」と言った先入観があるだけの場合もあります。是非とも旬の人参を食卓に並べて、人参の美味しさを家族で味わってみて下さい。


Sponsored Link


 - 人参 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

関連記事はありませんでした