野菜マルシェ

旬の美味しい野菜の選び方や保存方法、そして旬の野菜を美味しく食べる方法などを紹介

新生姜の保存方法や選び方のコツ!新生姜の栄養と効能は何?

   

syouga1

新鮮でおいしい「新生姜」の見分け方と保存方法!

新生姜は、通常であれば収穫後2ヶ月から1年近く貯蔵して熟成させ辛みを十分に引き出してから出荷するひね生姜を、収穫後すぐに出荷したもの、もしくは早めに掘り出して出荷した生姜の事を指します。

新生姜は、ひね生姜に比べて皮が薄く、水分が多くて辛みが少ないのが特徴です。

食べると生姜特有のツンとした辛さが小さく、代わりにじゅわっと口に広がるジューシーさや、繊維質な食感がないので生姜が苦手な方にも食べやすいと評判です。

さらに、新生姜は甘酢漬けにして食べるのがもっともポピュラーであるため、お寿司屋さんで〝ガリ〟として一度くらいは食べた事があるという方も多いのではないでしょうか。

新生姜を酢漬けにすると、色素を入れなくても自然にピンク色に色付くのでピンク色のガリは新生姜で作ったものと言えますが、中にはひね生姜の甘酢漬けにピンク色素を入れている場合もあります。

 


Sponsored Link


新鮮な新生姜の選び方(見分け方)や美味しい時期は?

syouga2

※「新生姜」が美味しい旬の時期:6月~8月

新生姜はひね生姜の収穫後すぐに出荷されるものもそう呼びますが、特に夏の早めに収穫される新生姜は水分を蓄え、美味とされています。

 

《新鮮な新生姜の選び方のコツ》

新鮮な新生姜を選ぶポイントは、色白で表面にツヤがあり、さらに切り口に赤い茎があるものを選ぶのがよいでしょう。


Sponsored Link


新生姜の特徴でもある酢漬けにするとピンク色に染まる理由は、この赤い茎があるからなのです。

 

新生姜を新鮮に保つ長期保存方法

 

新生姜は鮮度が落ちるのが早く、冷蔵庫に保管していてもどんどんと風味や水分が抜けてしまいます。

長期的に保存したい場合は、使いやすい形にカットするかすりおろして冷凍保存するのがよいでしょう。

また、甘酢漬けにしてしまえば新生姜の美味しさを長い期間味わう事が可能です。

秋以降はひね生姜が出回りますので、わざわざ冷凍保存するよりも、新生姜として十分楽しめる甘酢漬けでの保存がもっともよい方法に思えます。

 

新生姜の栄養成分とその働き(効能)は?

syouga3

生姜には体を温める作用がある事は一般的にもよく知られた事ですが、体が冷えるというとやはり冬の時期を想像してしまいがちです。

しかし実は、冷房の入る夏の時期こそ体が芯から冷え切ってしまっている場合が多いのです。

そのような時、新生姜に含まれるショウガオールには血液の循環を促進し体を温める効果があるので、積極的に食べる事で夏に多い冷房冷えから体を守ってくれます。

また、生姜の香り成分であるシネオールには食欲を増進させる作用があるため、夏バテや疲労回復に役立つとされています。

そしてさらに、生姜の辛み成分であるジンゲロールは殺菌作用に優れ食中毒の防止に一役買ってくれるので、是非毎日のお弁当に新生姜を添えるのは健康のためによいと言えるでしょう。

 

まとめ

新生姜は、単にひね生姜の早生というだけではなく、新生姜ならではの食感や楽しみ方の出来る新しい食材と言えるでしょう。

生姜そのものの持つ効能は新生姜にも備わっているので、暑い夏を乗り切る工夫として新生姜を取り入れてみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link


 - 生姜 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

葉生姜の保存方法や選び方のコツ!栄養と効能は何?

新鮮でおいしい「葉生姜」の見分け方と保存方法! 葉生姜は、種しょうがが発芽してま …