野菜マルシェ

旬の美味しい野菜の選び方や保存方法、そして旬の野菜を美味しく食べる方法などを紹介

みょうがの保存方法や選び方のコツ!栄養と効能は何?

   

myouga1

新鮮でおいしい「みょうが」の見分け方と保存方法!

みょうがは、しょうがの仲間であり、古くから日本で親しまれてきた野菜です。

しかし、世界的に見てこのみょうがを食するのは日本だけ、と言われています。

みょうがは、夏野菜の一つと言われていますが、収穫時期が比較的長く、夏に獲れる早生ものは『夏みょうが』秋に獲れる晩生ものは『秋みょうが』として売られています。

秋みょうがの方が収穫まで長いので香りが立ち実がふっくらと大きくなります。また、皮の色が赤いのが特徴です。

夏みょうがは香りが若々しくさわやかな印象があります。

 


Sponsored Link


新鮮な「みょうが」の選び方(見分け方)や美味しい時期は?

myouga2

※「みょうが」が美味しい旬の時期:6月~9月

みょうがはハウス栽培がされており、現在では一年を通じてスーパーで買う事が出来ます。

また、みょうが自生している野菜で、その場合の旬は夏から秋に掛けてと比較的長い期間収穫を楽しむ事が出来ます。

 

《新鮮な「みょうが」の選び方のコツ》

みょうがを選ぶ時は、先がしっかりと閉じてぎゅっと締まりのあるものを選ぶのがよいでしょう。

また、全体に丸みがありツヤがあるものを選ぶのがよいです。


Sponsored Link


スーパーではパックに入れて売られているのが多いと思いますが、持ってみて重みがある方が美味しいみょうがだと言えるでしょう。

 

みょうがを新鮮に保つ長期保存方法

 

みょうがは乾燥に弱い野菜なので、保管する時はキッチンペーパーに水を湿らせ、それでみょうが包んでビニール袋に入れて冷蔵庫で保存します。

これで4~5日は保存が出来ますが、さらに長く保存したい場合には刻んで保存用袋に入れて冷凍保存するのもよいでしょう。

みょうがは香りがよい野菜であるので、冷凍する事でその香りは生のものより失われしまいますが、薬味として少量を添えたり味噌汁の具にするには十分でしょう。

 

みょうがの栄養成分とその働き(効能)は?

myouga3

みょうがは水分の含有量がとても多く、そのため栄養成分はそれほど豊富に含まれているわけではありません。

しかし、みょうがの独特の香りはアルファピネンという精油成分が含まれており、アルファピネンには血液をサラサラにしたり発汗を促す作用があるため、血液がドロドロになりがちな夏にはもってこいの野菜と言えるのです。

また、みょうがの辛みには殺菌作用があるため喉の炎症を抑えたり、体の熱をとったりしてくれるので風邪の引き始めのみょうがを食べるとよいと言われています。

 

「みょうが」のまとめ

みょうがは癖の強い野菜であるため、一度にたくさんの量を食べる事は避けた方がよいですが、毎日の食卓の中で薬味や風味付けに少量を加える事でぐっと味が締まり、食用増進にも効果があります。

また、昔からみょうがは東洋医学的には更年期障害や生理不順などに効果があるとされています。

これらの症状でお悩みの方は、みょうがを上手に取り入れた食事をする事で症状の改善が期待出来るかも知れません。


Sponsored Link


 - みょうが , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

関連記事はありませんでした