野菜マルシェ

旬の美味しい野菜の選び方や保存方法、そして旬の野菜を美味しく食べる方法などを紹介

じゃがいもの保存方法や選び方のコツ!栄養と効能は何?

   

potato1

新鮮でおいしい「じゃがいも」の見分け方と保存方法!

じゃがいもを主食としている国や地域がある事から見てもわかる通り、じゃがいもはそれだけでもとても栄養価が高く、また世界的に広く食べられている野菜の一つです。

日本でも和食料理は勿論、カットして揚げたポテトフライやミキサーなどで細かくしたじゃがいもと生クリームや牛乳を合わせて作るポタージュなど、数多くのじゃがいも料理が食べられています。

ですが、日本ではまだあまり知られていないじゃがいも料理というのが世界にはたくさんあるのです。

今回はそんなとっておきのじゃがいも料理を最後にご紹介したいと思います。

 


Sponsored Link


新鮮なじゃがいもの選び方(見分け方)や美味しい時期は?

potato2

※「じゃがいも」が美味しい旬の時期:3月~5月, 9月~11月 

じゃがいもは年に2回、旬を迎える野菜です。

これは植えられる品種の違いもありますが、俗に「新じゃが」と呼ばれる春に出回るじゃがいもは、皮が薄くて水分が多く、みずみずしいのが特徴です。

一方で、秋から出回り始めるじゃがいもは、夏に収穫されたものを貯蔵し熟成をさせているため、味が濃く旨味が増しています。

 

《新鮮なじゃがいもの選び方のコツ》

じゃがいもを選ぶ際には、表面に硬さとハリがあり、サイズは中くらいのものを選ぶのがよいでしょう。

皮が緑色に変色していたり、芽が出ているものは有毒物質であるソラニンが生成されている可能性もあるので避けた方が賢明です。

また、じゃがいもは使用用途(料理)によって使い分けをした方がよいでしょう。


Sponsored Link


例えば、煮込み系の料理であれば煮崩れしにくいメーンクイーン、逆にマッシュポテトを作る時は煮崩れしやすい男爵系を選ぶなど、種類を変えるのも一つの方法です。

 

じゃがいもを新鮮に保つ長期保存方法

 

じゃがいもは冷蔵庫で保管せず、風通しのよい冷暗所に置いておくのがベストです。

その時に一緒にりんごを置くと、発芽を抑える力が働いて長く持たせる事が出来ます。

また、じゃがいもを日光に当てると、有毒物質であるソラニンが生成されてしまいますので、日光には当てないようにして下さい。

じゃがいもは生のままで冷凍すると、解凍した時に全く別物の味や食感となり食べる事が出来なくなってしまいます。

どうしても冷凍で長期的に保存したい場合は、茹でた後にマッシュポテトにして冷凍用保存袋に入れて平らに伸ばして下さい。

コロッケやスープに使う事が出来ます。

 

じゃがいもの栄養成分とその働き(効能)は?

potato3

加熱すると多くが失われるビタミンCですが、じゃがいもの場合でんぷんも多く含んでいるために加熱してもビタミンCを失う事なく摂取する事が出来ます。

またビタミンB1も豊富なため、摂取した糖質を積極的にエネルギーに変換してくれます。

じゃがいもは太るといった間違った認識をされている方もいらっしゃいますが、実はじゃがいもはカロリーがご飯の半分程度な上に、このビタミンB1の働きによりエネルギーとして燃焼しやすく、むしろダイエットには向いている食材なのです。

 

まとめ

それでは最後に、とっておきのじゃがいも料理をお教えしましょう。

それは、じゃがいもの細切り中華炒め、です。これはじゃがいもだけを使った料理なので材料一つで出来る手頃さと、これまでにはない味付けで食べたらきっと病みつきになると思います。

正式な料理名はサンラートートースーと言います。

中国ではとてもポピュラーな料理ですが、日本ではあまり見かける事はありません。是非レシピを検索して作ってみて下さい。じゃがいもの美味しさが際立ちますよ。


Sponsored Link


 - ジャガイモ , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

関連記事はありませんでした