野菜マルシェ

旬の美味しい野菜の選び方や保存方法、そして旬の野菜を美味しく食べる方法などを紹介

ホウレンソウの保存方法や選び方のコツ!ホウレンソウの栄養と効能は何?

      2014/10/05

spinach1

新鮮でおいしいホウレンソウの見分け方と保存方法!

ホウレンソウは、日本のみならず世界で愛されている野菜です。

栄養が豊富で、アメリカの有名なアニメーションでは、ホウレンソウを食べると力が漲ってくるといったシーンがあるほどです。

また、一口にホウレンソウと言っても様々な種類があります。

例えば、一般的なホウレンソウとして挙げられる東洋種と西洋種は葉の形状に違いがあるだけではなく、東洋種はお浸しなどにしてシャキシャキの歯触りを楽しめますし、西洋種はアクが強いのでバターなどでソテーをすると美味しく頂けるといった違いがあります。

このようにホウレンソウは種類によって使い分けをする事で、さらに味わいを楽しんだり美味しく食べる事が出来るのです。

 


Sponsored Link


新鮮なホウレンソウの選び方(見分け方)やホウレンソウの美味しい時期は?

spinach2

ホウレンソウの旬は冬です。

特に、霜に当たったホウレンソウは旨味が増して格別だと言われています。

旬の時期に、より新鮮なホウレンソウを選ぶためには、葉がしっかりと張っていて緑色の綺麗なものを選ぶとよいでしょう。

またホウレンソウの特徴でもある根元の赤い部分が鮮やかなものの方が、甘みが多くて美味しいです。

 

ホウレンソウを新鮮に保つ長期保存方法

spinach3


Sponsored Link


ホウレンソウを新鮮に保つためには、湿らせた新聞紙で包み根元を下にして冷蔵庫で保管します。

こうする事で葉が乾燥するのを避け、元々土に植えられていた状態と同じようにして茎が曲がるのを防ぎます。

冷凍保存する場合には、カットしてから茹でるのではなくそのままで茹でて、冷水にとって水気をしっかり切った後で小分けにカットしましょう。

さらにカットしたものを適量ラップに包んでからビニールへ入れると、使い勝手がよいだけではなく、霜がつくのを防げます。

小分けして冷凍したホウレンソウはレンジでチンをしてゴマ和えなどに手軽に活用出来ます。

 

ホウレンソウの栄養成分とその働き(効能)は?

spinach4

ホウレンソウは緑黄色野菜の王様と言われるくらい、栄養価の高い野菜の一つです。

中でもβカロテンとミネラルが豊富です。

βカロテンは体内でビタミンAに変換される成分のため、美肌や美髪に効果があります。

さらに、むくみ解消の成分であるカリウムや鉄分、ホウレンソウの赤い部分には骨の形成に使われるカルシウムやマグネシウムを含んでいる事から、骨粗しょう症予防にもなります。

これらを総合するとホウレンソウは女性にとって食べるといい事尽くしの野菜という事になります。

 

ホウレンソウのまとめ

まさに女性の強い味方であるホウレンソウ。

しかも種類によって上手く使い分けが出来れば飽きる事なくその味を楽しむ事が出来ます。

ゴマ和えやナムルは東洋種を、シチューの具として煮込んだりベーコンと炒めて食べるなら西洋種を、また、最近ではアクを気にせずそのまま生で食べる事の出来るサラダホウレンソウといった種類もあります。

そしてホウレンソウは旬を迎えるとビタミンCの含有量も増えるので、やはり冬にたくさん食べておきたい野菜と言えるでしょう。


Sponsored Link


 - ホウレンソウ , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

関連記事はありませんでした